あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  壱岐 耕さん(2)



病みふして着る事もなき仕事着の壁にかかるを見つつ淋しも




真夜なれど村人たちに会はずやと罪人のごと忍びかへりぬ




花咲ける八ツ手を見れば心痛し年迫る日を母は逝きにき




わが病悲しむ父より戦争は更に二人の弟奪ひき




嫁ぎゆきすでに二人の母となるわれの記憶に幼き妹




呼吸管にからまる痰はにくみつつ君が臨終の言きかむとす




咽喉切開ければあと三年の生命とふことば身にしみのどは守るも




傷病まぬ人らは羨し夕されば心おきなく湯にゆきにけり




宵宵に体拭きくれし妻が病みてよりわれのあせもはにはかに増えぬ




鼻の上の傷のかさぶた眼に見えてただにうるさし煙草すふ間も




2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム