あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  壱岐 耕さん(1)



終列車の時をはかりてたらちねは迎へたまひぬ道のなかばまで




たまきはる命のきはも会いがてぬ
かたゐの兄を汝は持ちにし




臥りゐる慰めに聞けとわが友は鶯の籠かしてくれにけり




このままに二十日を病めば盲ふてふ眼の痛みはや七日つづきぬ




このごろのわが癖となりて起きぬけに紫陽花に向ひ視力をためす





入園の人あるらしもこの夜更けぽんぽん船の近づく音す





表替へしたる畳のすがしさを幾度も言ひて喜ぶ妻は







療院のならひ悲しも夫逝けば住みなれしいへも移されにけり







つぎつぎに起れる家の不幸みなわれのやまひに因するごとし




今年こそ休詠むことなく励まむと思ひしことも病めばむなしき




2030年 農業の旅→ranking






このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム