あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  太田正一さん(4)



叶うならばまなこもやらん手もやらんかの夜の母のこえのきこゆる




声の書を借るべく列に加われり桃咲く庭に朝日射しいる




かくばかり涙はふいに出るものか癒えて双手に水使いつつ




耳あつれば本は静かなり誰か来て読みくるる待つ時の充実




命終のきわまでわれをさいなまんひとつのみなる読み書きの慾




無花果の完熟とはおのれ真二つに割るることなる無残を思う




聖餐につぐ晩餐のパンの皿捧げ持つ萎えしわが手よ落すな




音立てて浄まりし血は流れんか瞬時瞬時をわれは若者




草丘に双手をひろげてわが立てば風抱くごと鳥とぶがごと




苦しみて生きたるは癩者のみにはあらぬ歴代救癩先駆者の悲史



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム