あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  太田正一さん(3)



いささかの陽の照りすらも受けとめて芽吹き初めたりわが柿の木は




病み飽きしわが身と思う生き抜かん生命と思う夕海の鳴る




土色の花あらば欲し盲いたるこの現実の手のひらの上に




病長くあり経るゆえか苦しみに涙は出でず喜びにのみ




夕光に片明りする磔像かひとりを希い独りはさびし




舌読にけがれし点書に火放てば止めどもあらぬ蝉の歓声




録音機購入決断したるとき生きたき欲に身のゆすぶらる




笑いても泣きても同じ表情と言わるるを泣けば涙の出づる




罪と罰三十時間のテープ図書左に提ぐれば左に傾く




空に向けし心の角度たもち居り生きよと言われわがうなづきて




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム