あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  太田正一さん(2)



己すら憎みつくせず出で来れば片空に風の吹きつけており




紫蘇かめば即ち紫蘇の匂いして常ひとりなる心ほぐるる




静かなる秋の日差が仰ぎし顔の真上にありきただにありがたし




辛うじて嘆きに堪えし如くにも地は時雨に濡れてやわらぐ





あくまでも雲雀ひばりは揚がる島の空確かな耳をよろこぶ吾に




朝より祈りたくなく読みたくなく出で来て海の風に吹かるる




生き死にを島に託してわが植えしこの一本の柿ぞ伸びゆく




花も葉も思いのほかに冷たくて椿のほとり去り難く居り





手に触るる花のひとつもあらずして梅雨降る音に籠るにちにち




羽ばたきて小鳥よぎりし寮の庭訪う人なきをむしろ清しむ



2030年 農業の旅→ranking







このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム