あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  太田正一さん(1)



療養の既にはるけき歳月に鍵たずさうる事すらもなし




おおらかに点字読むとも言い難し舌読一頁六分にして




点字探り読みたる舌にこの夕の熱き葱汁ひりひり沁みる




立止まる地は平にて心安しクスノキの若葉の匂い立ちつつ






読み進む点書の点の浮立ちて苦しみをときまた愛をとく




触れて知る乏しき中に生きつぎて菊の花咲きヒイラギ匂う





読むことに慣れたる舌に牡蠣の肉なめらかに冷たく触るるさびしさ




白杖の予備あることが今日をあるわが生活のゆたけさにして





閉ずるなく萎えしわが目に炎天の光はしみて押してくるなり






相ともに少年たりきこの道に肩ふれ合えば涙出で来ぬ






2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム