あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  金沢真吾さん(3)



しとどなる露にたわみて萩咲けりわれの涙は癩に費えし




屈辱的癩予防法改正の声あがる癩完治する時代となりて




屈辱はしのび利とるか名をとるか癩予防法改正論分かる




強制隔離に癩撲滅を謳ひたる法厳然とあり完治する今も




光恋ふる罰かもしれぬ見えぬ目の明るくて明るくて今宵狂ほし




朝ごとの誓ひとも飲む寒の水五臓六腑をつんざきて徹る




裏庭に栗の実しきりに落つる夜を限りとはして家を出で来つ




父母の墓守るすべなくわがおもひ馳する空より雷の轟く




花は葉を葉は花しらぬ彼岸花か盲ひて後のわが顔しらず




癌の喉にて愛してゐるよと盲妻へ康行が一言千万無量




康行つづきて由貴子消えわが足元を風吹きぬくる




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム