あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  須田洋二さん



ありの儘に振舞ひし今日の吾が上をはや批判する狭き癩園




入園せし順に与へられし番号が雨傘受くる時に呼ばるる




微かなる風にも葉をとぢるおじぎ草よ唇の知覚を吾は失ひぬ




誰からも愛さるるなき吾の顔夜は手拭を掩ひて眠る




この後を如何に生くとも変るなき吾が歌と思ふこの倦怠感




馴染難しと無口なる吾が言はれつつここの寮舎に常に孤りなり




死を決めて書きし手紙の古りたるを今日焼き捨つる桃の木の下




同情されてゐると知りつつ拒みえぬ吾はゆだねて身を拭かれをり




おのづから出づる尿も日のうちは一度となりぬ臥りてをれば




わが立場如何になりゆかむ看とらるる弱みをもちて言へぬ言葉あり




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム