あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  須田洋二さん




表情に笑へずなりて何時しかに笑はぬことが性格となりぬ




熱しと思ふ自信は誰も持てなくて燃ゆる落葉を広く囲める




手の冷えを言はれて驚くその冷えを如何にか知らむ自が手と言へど




物を持つ知覚が失せてゆきしわが掌本には本の触感あらむ




知覚なき不安支へて生くる日日ただ寂寞と身はよりどなし




許しあふ限界こえぬ交りも病みつつをれば諦めに似つ




家に一人病む吾のみが残されて母も妹も嫁ぎぬ父の亡きあと




丘の小屋に別居し給ひし父なれど吾に同じきその病出づ




恃み来し知覚も唇より失せてゆくかかる身を父は如何にしましし




心震へこの屈辱に耐へてをりゴム手袋をはめし手に顔拭れつつ



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム