あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  山田青路さん


黄昏の感傷


今日も曠野の真中に突っ立って

落ちてゆく夕陽を懸命に呼んでいる

破れ
案山子かかし


  呼べばとて戻る夕陽にあらねども

  明日を待てぬ宿命の

  あはれ痛ましきその姿よ、その声よ


黝い黄昏はすでに足下の草叢を包んで・・・・

刻刻に迫る己が身の終焉の恐怖に

虚空に伸した双手は

何をつかみ

何にすがればいいのか


あはれ黒
からすの羽搏きは遠く

薄暮の嶺にそが
いやはてヽヽヽヽの宿命を嘲笑わらう

・・・晩秋の暮景に立って

私はほとほとに疲れ痩せてゆく










郷愁


遠く山河のへだたりを 痩せた胸骨の疼きに埋めて

レプラ十年旅に臥すれば

日毎老ひ 日毎朽ちゆくこの身内に

炎の如く燃え立つ郷愁の心切なく

幾度を思慕の小鳩の 杳かなる青空を望んで

この胸を飛び立ちしことか


だが 十年を流れながれる歳月の波濤に

古里は日毎遠のき 遠のいて

あはれ空しくも翼疲れて

この胸に舞ひ戻りし 我が思慕の小鳩よ


あゝ今日も

蜿蜒と連なる山脈の彼方

赫々と燃ゆるあかねの雲を眺めては

又しても我が思慕の小鳩は

薄暮れの空にあえかなる想出の夢を追って

はた・・・はた・・・と

羽搏くのだ 飛び立つのだ








冬近き墓場に


━━レプラ病みて十年古里は懐かしされど山川草木ことごとく我に冷たし━━


鬱蒼と繁る常緑樹の葉陰を盗んで、ちらちらとこぼれ落ちる薄れ陽に、磨かれた石面を蜥蜴の眸の様にうるませて、冷めたい墓石の沈黙よ。


父の! 祖父の! 曾祖父の! つながる血縁の上に課せられた永久の寂寥を慰むと、墓前に植えられた菊花の薫香も、打ち振ふ季節の触手に霜枯れて・・・。
死におくれた蟋蟀の一つ二つ・・・鳥も啼かぬこの静謐の真昼間。亡霊の咽ぶが如きすすり音の哀しさをなんとする。


十年を歳月のデスタンスに断たれ、今墓前にぬかづく宿命の子の脳裡によみがへるものは冷めたく、六十余年の足跡を自ら柿の小枝に消した祖父の死貌と・・・愛憐の双手に火の鞭を下げて宿命の子を裏木戸に追った父の涙の眸と・・・


あゝ、だが総てはこれ杳い想出、父よ! 祖父よ! 我が血縁の諸霊よ、陰鬱な墓場の木洩陽をすくって、永久に瞑想の胡坐を続けよ、宿命の子は再び旅に出る、諸行無情の木枯を衝いて、遠く山河の果てに宿命の旅に出る。


山田青路さんの略歴
1933年8月9日長島愛生園入所。1945年9月5日死去。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム