あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  近藤宏一さん


ぼくは、宗教を趣味のようにしていた父を反面教師として、宗教を否定してきた。

しかし愛生園には宗教を支えとされている方も多く、感動的な作品も多い。これは「闇を光に」を書かれた近藤宏一さんがキリスト教の洗礼を受けるに至った過程である。


失明

プロミン注射で足の痛みは一時取れたが、その注射の反応によって全身が高熱にさいなまれ、それが6年間も続いた。その間、両手の麻痺状態が進み骨膜炎を併発して手の指を損ない、視力も衰えて典型的な重症患者の道へ落ちていった。

失明は私を苦しみのどん底に落とし入れた。混濁した闇と向かい合い、命を絶つ方法を模索し、絶望の谷間で悩み続け、自分自身を嫌悪する歳月が続いた。

一人の友が居た。午後の安静時間が終わると、きまったように病室の廊下に靴音がして、枕元に彼がくる。一言二言何気ない会話の後に、彼はベッドの傍らに腰を掛け、私が不機嫌であろうとなかろうと、ごく自然に本を読み始める。放送部のアナウンサーでもある彼の声は静かな病室に響いて、眠気を誘うほどの快さがあった。約1時間の読書の後、二人はお喋りを始める。話し好きでもある私達は、その読後感を披露し合い時間を忘れた。明治・大正・昭和文学全集を紐解きトルストイやドストエフスキーを論じ太宰治の「人間失格」を語り合った。

そんな中で、ある日、彼は思いもよらない朗読をはじめた。新約聖書であった。はじめて聞く聖書、はじめて読む神の言葉、二人はしどろもどろであったが、不思議に止めようとしなかった。マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ伝へと、それは次から次へと私を未知の世界へ誘いこんで行った。やがてヨハネ伝の第九章へと進んだ時、私は思わず彼に声をかけ、その部分をもう一度読んでほしいと促した。

「イエスが道をとおっておられるとき、生まれつきの盲人を見られた。弟子たちは、イエスに尋ねて言った。「先生、この人が生まれつき盲人なのは、だれが罪を犯したためですが。本人ですか、それとも、その両親ですか」。イエスは答えられた。「本人が罪を犯したのでもなく、また、その両親が犯したのでもない。ただ神のみわざが、彼の上に現れるためである・・・」

私は全身を貫き通す一つの力を意識した。

人の一生を決めるもの、運命を決めるもの、人間として生きることの基本的な疑問を、ここでは明らかな答えとして、示しているように思えたからである。

その後、私達は園内のキリスト教会へ足を運んだ。重病棟専用の病衣の上から外套をまとい、衰えた視力を頼りに、彼の手に引かれて教会の扉を叩いた。台湾の療養所「楽生院」から、お帰りになって間もない小倉先生が、私達を快く迎えて下さって、夜遅くまで聖堂の片隅で聖書を説き聞かせて下さった。説明されればされるほど、疑問もわいて、私と彼とが先生に向かって質問を繰り返し、毎晩のように議論を重ねながら、日曜礼拝に出席するほどにまで、導かれて行った。

昭和23年のクリスマス礼拝に私達は、他の人々と一緒に洗礼を受けた。同年輩の若者たちも五、六人いてやがて青年会を組織し、聖書を勉強し信仰の道を開いていった。

そのころ、亀井勝一郎という評論家がいて、太平洋戦争後のわが国の青年たちには、文学青年と、政治青年と、宗教青年の三つのスタイルがあると、ある評論雑誌で論じていたが、当時のハンセン病療養所内の青年達も例外ではなく、療養の傍ら、それぞれの道を求めたのだった。そのうち宗教の場合には、キリスト教活動が、目だって盛んとなり、年毎に求道者が増えて行った。

昭和28年、園内に盲人会が結成された。読書会や放送劇や、短歌、俳句などの文芸活動が盛んになると同時に衣食住の充実を求めて、政府に対する請願活動が活発となった。そんな中で、点字講習会が始まった。指先を犯されていない仲間たちに混じって私もそれに参加し、点字を読むことに挑戦した。

私は聖書をどうしても自分で読みたいと思った。しかしハンセンで病んだ私の手は指先の感覚がなく、点字の細かい点を探り当てる事は到底無理な事であったから、知覚の残っている唇と、舌先で探り読むことを思いついた。これは群馬県の栗生楽泉園(くりゅうらくせんえん)の病友が始めたことで、私にも出来るに違いないという一縷の望みがあったからである。

「闇を光に」のP43~P45を抜粋させて頂きました。  


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム