あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  明石海人さん「白描」1939年


春夏秋冬

骨あげにしばし間のあり火葬場の牡丹ざくらに蜂は群れつつ




息つめてぢゃんけんぽんを爭ひき何かは知らぬ爪もなき手と




繰りかへし我の齢をかぞへゐる壁のむかうの声ならぬこゑ



失明

拭へども拭へども去らぬ眼のくもり物言ひさして声を呑みたり





不自由者療


鳴き交すこゑ聴きおれば雀らの一つ一つが別のこと言ふ




えやみ童の日にこそ受けたらめふるさとの吾子よ病むな伝染るな









夜すがらを脊柱の冷え夢に入りうつうつと聞く一時二時三時




杖さきにかかぐりあゆむ我姿見すまじきかも母にも妻にも






盲ひてはもののともしく隣家に釘打つ音ををはるまで聞く




夜すがらを案じあぐめる歌ひとつ思ひにはあり朝粥の間も




2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム