あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  明石海人さん




昨日は二つ

今日は一つ

この頃
うたの出来るのは

先きの短い魂の

この世にのこす
歔欷すすりなき









おもひで


ふるさとの春はひねもす

れんげ田にぬるむ鳥ごゑ


ふるさとのかすむれんげ田

末とほく富士の根となる


ふるさとの山の
南面みなも

新茶つむ乙女らの唄


ふるさとの乙女のどちは

若き日のわれによかりき


ふるさとの春のおもひに

わが心しきりになごむ











今日


今日もむなしく暮れてゆく

昨日もおとといもそうであった

明日もあさってもそうであろう

かくて再び太陽がのぼらない日になっても

空しくすぎさった過去をただくやんでいることであろう

思えば地上の大気を吸いはじめてから

みたされた一日でもがあったであろうか?

遠いものにおもっていた生の終末が

実はまうしろに忍びよっているのを

まんざらしらないわけではないが

明日をたのむこころはそれをふりむこうともしない

かくて「今日」もまた同じ悔をのこしつつむなしく暮れてゆくのである



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム