あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  明石海人さん

(歌日記)

癩に棲む島に盲ひて秋ひと日替へし畳をあたらしと嗅ぐ


 この療養所に来てから二度目の畳の表替である。前の度にはまだ眼が見えていて、淡緑の面をくぎる黒い縁の直線が、すがすがしく眼にも映ったのであるが、今でも眼には見えなくとも畳の新しいのは快い。切味のよい剃刀の手ざわりである。もぎたての果物に歯をあてた感じである。

 臭覚にしみる特有の匂い━━畳の上に生れ、畳の上で育って来た過去のあらゆる経験が、この匂いに籠もっている。我々の一生というのも、あたらしい畳が古びてゆく過程の幾つかに外ならない。火屋の真上の天井のひとところだけが円く明るくなっている吊りランプの下で、ふと目を醒した夜更けの静寂の中に、弟の産声を聞いたのも、その弟が七つになった夏の或日、半夜の熱に急死したのも、その翌る朝ふと触れた弟の額の、魂をおののかす冷たさに、世の無常を知りそめたのも、棺を閉じて泣崩れる母をたしなめた父の眼にも涙が光っているの見た時、私も声をあげて泣いてしまったことなども、皆畳の匂いに染みついた記憶である。

 六畳の部屋を三畳だけ替えて、畳屋は帰って行った。今日は生憎茶菓子になるものもなかったので、明日は何かお茶うけの用意をしておこう、そんな事を云いながら、室の中や縁先などを掃いていた附添さんは、外した縁の障子をはめ込みながら、「ひどい夕焼だなあ」と呟いていた。その夕焼の空から吹いて来るのであろう、障子の破れを鳴らす風が、室の中を水のように流れ去る。
 用事を済まして附添さんも帰って行った。あたらしい畳の室には夜の冷気が静寂となってたちこめる。庭先にはまた蟋蟀こおろぎが鳴きだしていた。

清畳にほへる室の壁ぞひに白きふすまを展べて長まる



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム