あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  河口杳一さん






軒端を打つ

氷雨の音

吐息が
  
 
仄白く消えて

更けゆく夜。


じり、じり、じり・・・


痩軀に喰ひ入る

病魔の鋭刀

堪えがたき
神経痛いたみ

じーと

郷愁を噛んでいる。









残葉

はげしい木枯に

散りも得ず

樹梢に散り残った木の葉

軀をうちヽヽ軀をさくヽヽ

現実の苦痛に

病葉よ お前の夢は

なほも覚めやうとはしない


何といふ、さびしさだろう

ひょうひょうと吹く樹梢に

ふるへつつ瞬く星光を

見つづけている。



河口杳一さんの略歴
『俱会一処』によると昭和初期に全生病院に在籍していたようである。その後長島愛生園に転園したと思われるが、河口杳一はペンネームと見られ、詳細は不明である。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム