あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  森 春樹さん





病が深まり指は蝕まれ

掌に 鎌を握らせるのに

幾度も 繰り返し 繰り返し

繃帯で やっと結えつけるのである。


庭で咲きおえ枯死した

ダリヤの花を

見ている と

むしょうに 耐えられなくなってきたから

主幹をぶった切った。


するとその主幹から

夢想もしなかった音が とびだした。


神を信じない私だが

その音が とび出したので

いつ死んでもよい と思っていたが

死ぬことが ふと厭になった。









ペンダコ


曲折した指に

ペンダコが出来た。


この頃

つとめて倖であることを

書きとめようと努力するのだが

文字になると

━━ライ者が倖である訳がない━━

と 他人が云うように

空々しく真実私の遺書とはならなかった。


たった一つの真実の倖を

詩うために

今日もペンを持つが

さまざまの欲望が浮び

思いかなわぬ思いがかけめぐり

世の中で 一番不倖な者のように

私はユーウツになる。


私のどこかに

他人の知らない倖がある筈だのに

その倖をペンでまさぐりあてるために

いびつな指に

人並のペンダコができた。


カチン と化石したような音がする

なんの神経も血もかよわぬ

ペンダコである。


このペンダコの中に

私のみいだせない倖が

いまにもとび出して来そうである。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム