あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  中本一夫さん



長島の秋より

そうです

長島の秋は

美しく しっとりとして

静かな光に眼をつむっています。


宿命のゆらめく面影は

静寂な風光の何処かへ潜んで

じっときき耳をたてています

冬の足音をしっているから、


牛は乳のはりに目を細め

鶏は卵を生んでときの声を上げ

豚は丸々と肥って

終日笑を含んだ風が股間をくぐり、


埋れ石ではない

一度は死棺をまたいだ人々が

今日も見つめる

曠野の土臭


静かな美しい長島の秋の中に

最も幸福な姿と

最も不幸な姿が

紙一重の障子越しに点滅し、


盲も、あしなえも

歩むすべを器用に操り

自然

明るい方に集り


友よ

唯一人の自分の前にひろがる

長島の秋は

空虚のようで底光る眼を思わせます。



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム