あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  津山一正さん



結核病棟の友よ


君は言ったっけ

虚無と廃頽の無いベッドで僕に微笑みたいって

・・・・・・

僕も言ったっけ

真実の笑みで君のベッドに立ちたいって・・・


そして

あの日からもう丁度一年たったっけね

だのに

君はまだ赤線上に浮沈するベッドからおりないし

僕も亦

杖に頼らねば君のベッドに立てなくなった


秋が急ぐのか

冷気も早く虫の声も細いようだ


そうだ

あれはもう三年前だったね

マルクスやプラトンに読みふけり

夜毎に談じたのは

そして煙草の煙をやけにぷかぷか天井や秋空にふかし上げたっけ・・・


だのに近頃の君は

プラトンもゲーテさえも捨ててバイブルだけを

ベッドの隅っこにのっけてあるってね

君も言わない僕も尋ねない

何時も黙ってベッドに腰を掛けて窓の外の日暮の海を見入っていたっけ

そしてぽつんと君が

きれいだなあ・・・とつぶやくと

僕もぽつんと

きれいだなあ・・・とつぶやいたっけ


今日もまた

薄暮のコンクリート道を

ひょこりひょこり歩みながら僕は帰える

おとといより昨日と

昨日より今日の

君が言葉の力に胸はずませつ

僕はがっしりしたコンクリートの道を帰える


津山一正さんの略歴
1942年長島愛生園に入所、1955年3月30日29歳で死去。短歌、詩を「愛生」に発表。


 


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム