あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  池部 登さん



ものなべてただ一色に沈むとき餘光吸ひをり白きダリアは




三代の養子つづける家にあれし一人子の吾の性管を絶つ




寝入りたる妻の乳房のふくらみに子をなさぬ女の運命を憎む




前歯一つ欠けたる父と対ひ居て自が病名は遂に告げ得ず




感じ易き処女にしあれば兄の身の癩と知りせば死をも選ばむ




癩を体質病と云ふ医師のあり妹は吾によく似てをるに




疎林の中母を帰して戻り来る石蹴れば響く凍てし音して




枕辺に水仙と梅活けやれど咽喉たちし汝は眼もあけず臥す



池部 登さんの略歴
邑久光明園。楓短歌会『光明苑』(昭和28年)に出詠




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム