あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  飯崎吐詩朗さん(5)



天地の融けあふところおぼろかに煙吐きつつ来る船の見ゆ




遙なる小豆島の裾べの漁火や夜毎思郷の情そそらる




生命あらばまた見む母のおもざしの歎きやつれてみゆるかなしさ




夜光虫のいみじき光見つつゐてこの世の外の想念湧けるも




病み古りてほそぼそ生くる我ながら燃ゆる思ひのなきにしもあらず




淫らなる性欲のことは思はねど我が禁欲は長きに過ぎつ




幼くて父に別れき生ひ立ちて母と離りぬ病めるがゆゑに




祖父の遂のみとりも叶はざるたぐひなき身のひたなげかるる




飯食みつつ何思ひけむ泣きおらぶ気狂ひびとと我は飯食ふ




赤赤と海に名残をとどめつつ本土の山に陽の入らむとす



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム