あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  飯崎吐詩朗さん(2)



麻酔薬にねむりこけたりいままでを暴れ狂ひし人と思はれず




浮の上にとまりて久し水とんぼたまゆら尻尾ゆり動かしつ




星光のごとくあらはれし飛行機のたちまち迫る爆音高く




整へる夕顔の花さだかにも蕾のときの襞を残しつ




仮想せるひとたださむとうかがへばひそかにゑみて踊り過ぎけり




寄り添ひて言葉なきそのたまゆらを君のいぶきの愛しく伝ふ




或時は死を思ひつつあるときは生命の限り生きむと希へり




渚近くに桶を浮しつ貝掘の人あまたゐて静なる海




金魚鉢透きて写れる蒼空のあかるき色は五月なりけり




眼薬の沁むる痛さもゆるびたり視力のかへる兆ならむか



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム