あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  飯崎吐詩朗さん(1)



無花果の広葉がくれに見ゆる実のそのつぶら実のいまだ青しも




浜風の吹き来るなべに療庭のポプラの若葉裏かへりつつ




窓ゆさす月の光にあざやけく友の寝顔の青白く見ゆ




物の音なべてひそけき病室に潮騒のみが耳にさからふ




朝空はしづかなりけり飯をたく煙なびきて動くともなし




拠り所なき思ひを持ちて仰ぐ空ただ広広と海へ続ける




癒ゆるなき病と知りつ村胆の心の隅に湧く思ひあり




児等の
る桃太郎劇はゑましもよ年はもゆかぬ爺さま婆さま




煙突の煙流らふ方にしてゆくりなく見し昼の月かも




監房にわめき続けて痛ましく声さへいまはかすれはてたり



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム