あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  森山栄三さん(3)



点訳をしてもらいたる万葉集一首一首に秋の夜深む




村人をはばかりて父が建てくれし小さき家に病む身寄せあいき




栗の実がトタンの屋根にころげ落つる音におどろきき癩病むわれは




米軍の爆撃うけしベトナムの癩院見舞う我等の募金




宿命とあきらめおれど目覚むれば見える目が欲し母に逢いたし




海人を凌ぐ歌人になりたしと風鈴聞きつつ点字書をひらく




念願の叶いて乗れるひかり号野洲川鉄橋いま渡る音




たたみいる我の服より転がりし木の実に妻は幼顔見す




海峡は三十米に足らざれど架橋は成らず十年を越ゆ




沈黙の時間ややありわが姉の嗚咽きこゆる受話器の内に


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム