あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  森山栄三さん(1)



常に履く靴には二つの記つけ唇にたしかめ履きていで行く




兄弟の縁切り呉れと顔知らぬ姉よりの便り胸に抱きしむ




園内に個人電話の認可あり隔絶の島に喜びのわく




滋賀の里生家の畠を道となし新幹線は田の中走る




ここが貴方の生家の前よと教えらる一瞬われの鼓動たかなる




彼岸なれば治療帰りに花もとめ仏壇まがいの木箱に供う




「点字毎日」に初めて載りし我が短歌風邪熱にかわく舌先に読む




窓辺より小鳥さえずる初夏の朝看取らるる身の一日始まる




点字より幸せ我に来るごとく病める支えと短歌を学ぶ




盲妻とかばい合いつつ過ごし来て十八回目の除夜の鐘きく



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム