あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  泉 安朗さん(3)



本願寺の父母の御霊にはるばると無菌となりしわが身告げなむ




うす紅の洋蘭の花切りし夢手は萎えていず盲しいてもいず




木の陰にかなしく萎えしわれの手をなめる仔犬は偏見もたず




陽にさやぎ落葉ふりしきるこの朝け祈らず詠まず落葉ふみ佇つ




山茶花の花おちる音耳につきひとり病む夜を眠れずにおり




癒ゆる日を信じて生きよと去る妹に海凪ぐ瀬戸の夕茜空




励まされ励まされゆく枯野みち挫折しそうな意思ひきづりて




理療機にすがりて機能訓練の老は無言に肩たたき去る




脱稿し出で来て歩む浜の辺に青葉の翳り明るく匂う




ふたたびは踏むことのなき萩の道父母の墳墓を振り返り下る



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム