あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  泉 安朗さん(1)



青い鳥ついにとらえず明りなき吾れに耳あり希望は捨てじ




乗車拒否せしバス消えて冬の灯に癩ゆえ痛む影を凝視す




月光の縞をふみつつ降りきて夜更けの桟橋に姉の船待つ




二度と訪うこともなからむ対岸の吾が家のあかり吹雪にうるむ




千余名の暮らしささえて太く吐く炊煙は凍みて浜低く這う




わがために離婚となりし妹よ凍夜に祈る心疼きて




春茜染むる渚の白砂を踏む素足欲し健康が欲し




父逝きて家運をせおい立つ母の後姿愛し春の虹立つ




母の姿視野を去るまでまばたかず雁鳴きわたる瀬戸の小島に



2030年 農業の旅→ranking






このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム