あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  永井静夫さん(5)


不覚にも指つめし傷の夜にうづくわれに絡まる憎しみのごと




証明書つぶさに見せて暁闇の海渡しもらふ逃るるごとく




さまざまに美しき人の乗り降りするバスの坐席に身は堅くゐる




こほろぎの部屋なかに鳴きうらがなし老躯屈葬のさまにて眠る




子のあらば一つ求めむにとんとことん太鼓を打てる
玩具おもちゃ猿公えてこ







わが家族H病に離散し父の墓、母の墓すら在りどを聞かず




手術せし眼にレンズ当てペン書きの友の便り読めるよめるよめるよ




室町史朗生きてありせば吾が歌のまづさを時に言ひくるるものを




つくつく法師かなしく鳴けるこの道の冥府になるまで歩む外なし




予防法解け潮にのまれし幾百の友のみたまを慰ぶす記念碑




永井静夫さんの略歴
明治39年大阪生まれ。家庭の事情で小学校3年で退学。職人として働くうち17歳ころ発病。大正11年外島保養院入院。昭和9年室戸台風で外島壊滅。栗生楽泉園に委託収容。昭和13年邑久光明園に帰る。その間2度結婚。短歌は昭和9年頃からはじめ「いぶき」「短歌」所属。平成10年3月19日逝去。享年93。『光明苑』(昭和28年)『海中石』(昭和31年)『三つの門』(昭和45年)『陸の中の島』(1956年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)『冬風の島』(平成12年)



2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム