あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  岡村正吾さん



病める身を隔離し居れど民族の浄化おもへば苦にならなくに




別れがたき吾子をのこして病める身は遠ざかりゆく車窓に首伸ぶ




海人の歌集白描読みをればおのずからにして涙こぼるる




茂りたる山を背にしてきほひよく少年寮に鯉のぼり立つ




両眼をとぢて堪へゐるこのひまに手術終へたり睾丸いたむ




大御代の恵みとは言え安らかに病み臥して居り男ざかりを




岡村正吾さんの略歴
邑久光明園。楓短歌会『光明苑』(昭和28年)に出詠。このとき故人とある。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム