あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  西原とよ志さん



狂ひたる友を想ひて寝らえぬに夜更けてひびく潮ざゐの音




いよよ去らむ草津と思へばなつかしく四方の山嶺もしみじみと見つ
(第一室戸台風で外島保養院が壊滅後、草津の栗生楽泉園に委託患者として預けられたのだろう)




親すらも厭ふ我らをかくまでに慈しむ院長ちちの愛にぞ泣かゆ




つつましく吾枕辺に毛糸編む妻に足らへりもの言はねども




気分も良しお腹も空いたと吾が言へばしきりに妻のよろこぶあはれ



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム