あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  蜷川ひさしさん



惜春


雪につまずき

風にむせびながら

ようよう訪れてくれたのに

私は悲しいことばかり言って

花束をもってきてくれても

小鳥の歌を聞かせてくれても

拗ねてばかりいた

それでもおまえは

いつもやさしい瞳で

みつめていてくれた


今度おまえが訪ねてくれるときは

心から迎えるようになりたい

あんなに待ち遠しかったのに

もう行ってしまおうとしている

春よ










流星


手が萎えてしまった時・・・・・・

まだ足があると言われ

足が立てなくなった時・・・・・・

まだ目があるんだと思った

だがその目も・・・・・・

右は日曜になってしまい

左は半どんになってしまった


達磨の様な体に

のしかかる闇から

這い上ろうとしてすがるものは

みんなわらばかりだ

開眼手術成功

そんな喜びも

山の向こうのことでしかない


ああ私は一体なにを希望に

生きていけばよいのか

・・・・・・・・・・・

この瞬間にも

どこかの空を

星が流れている様な

夜だ



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム