あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  大川正明さん





海を渡ってきたときは

遠山うすき雪あった

あなたは丘にねむる木の

青芽を小枝に芽吹かせた


わたしの胸にねむってた

小さき喜び芽吹かせて

やさしいあなたは去っていった


青芽は伸びてひらくとき

わたしの喜びあふるとき

あなたは訪れかけめぐる

青葉の陰をかけめぐる

そしてあなたはおともなく

わたしのそばを去っていった


やがて樹の葉がかわるとき

錦の色にかわるとき

松の小枝に音たてて

芝生の上をふんでくる

そしてあなたは振り落す

錦の色を振り落す


かさなりつもる色葉ふみ

わたしのそばを去って行く


松の小枝をかきわけて

あなたは遠く去って行く













雲の

ひろがるときは

静かに

小雨が降ってくる

静かに

雪が降ってくる


雨と

雪以外のなにものも

天からは降ってこないのだ


雲のないときは

底知れぬ碧さから

美しい・・・夢と希望が生まれてくる


夢と・・・希望以外のなにものも

天からは生まれてこないのだ



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム