あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  大仏正人さん



病むわれをせめてわが家に死なせむと療園に入るを父母はこばみぬ




あれこれと捨つるに惜しきもの多し行李一つに纏めかねつつ




自動車に乗ると寄り来る教へ子のぬくとき手を取り別れ来にけり




耐へ難きまでに病ひはつのれどもプロミン注射に望みを持ちて




逝きませし父の齢を越えにけり病ひもつ身はかくあるものか




毒薬をもつ手ふるへど目をつむり念仏と共に呑みほしにけり




毒を吐かせ生命とりとむたまゆらににくしみて見る医者のその顔



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム