あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  島田尺草さん(8)




月月に来たる雑誌を読みくるる友一人ありて吾は足るらし




療院に吾が病むを秘め嫁ぎゆきて便りを断ちし姉妹三人




吾が眠る蚊帳の上に夜を来て死ぬる虫多し秋も更けつつ




言ひ残すべきこともほとほとあらざれば心は澄めりいまの現に




友が穿く義足の革の鳴る音のこころに沁みてひびく日のあり




隣室の柩はこばれ出づる音痰の切れねばさめて聞きゐつ




君と語るいとまも痰のあがり来てつひに話しえず吾が思ふこと




吾が歌集の刊行の日まで生きたしと所長に言ひぬ今朝の診察に




芭蕉葉に朝降る雨を聴きゐつつひそかに人を待ちて時経つ




帰りゆくと吾が手を堅く握りたる友に再び会ふ日なからむ





2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム