あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  島田尺草さん(6)



この月の仕送り出来ぬを侘びて来し妹の文読むに耐へぬかも




(歌集一握の藁上梓)
張りつめてありし心のゆるびけむ歌集のうへに涙おとしつ




麻痺の手ゆ吾が落したるホークの音冴えて響くも凍てし板間に




箸をとり食ませてくるるわが友の心づくしに身をまかせつつ




視力ためすと朝朝を見し花菖蒲友の忌日に今朝は剪られつ




甕の中に入れられし骨は少なかりかくも儚くなりてしまひし




病秘めて離りすめれば吾が義兄のいまはの日をも知らで過しつ




柿の葉を照りかえす日に痛む眼をひたすら耐へて人をまちゐし




菊剪るとのばす手の影土に落ちぬ秋は寂しきものにあるかな




頼むべき人のあらねば夜半に飲む湯を入れし瓶を抱きて寝るかも




2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム