あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  島田尺草さん(3)



一筋に生きむ願ひに今日までを病押しつつ務め来にけり




天の川白く冴えたる夜の寒さ花を折らむと庭に下りこし




旅馴れぬ母はもいたく疲れまさむに何しもてなさむ病める我かも




すくなしと母のたびます金すらに受けとり難し老いていませば




つかれつつ我が帰り来る下駄の歯にさやりし落葉霜をかづけり




歌会終へて帰る夜道や下駄の歯のしみつくほどにはや凍りをり




切り倒されし木木みな水をふきてをりこの春山の昼ののどけさ




音もなく桜散りしく昼ふけや我が死ぬる日はかくもありたき




頬白ホオジロの高音聞ゆるこの朝の臥床のむきをよしと思へり




我が為に嫁ぎ行かれぬ汝を思へば生きのびむ事の今ははかなし



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム