あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  島田尺草さん(2)



蓮根を掘りていませし祖父に別れを告げて我は来にしか




この朝も霜に落ちたる夏蜜柑ふところにして庭を掃き居り




向日葵の広葉にそそぐ雨脚の目にはすがしき夏来りけり




我が病おもれるを先づ口に言ひて驚き給ふ父に向へり




昨日ここに立ちましにける父の姿眼にこそ残れコスモスの花




子規歌集しばし読み止め眺め居る庭の山茶花ひとつ散りたり




石川孝君を悼む
友を焼く煙の匂ひうら悲し日暮れて山を我が帰り来ぬ




秋づきて落つるひと葉か病み
こやる夕べの窓に音たてにけり




(少年敏夫は我が檜の影にありて俳句短歌を学びゐたりき)
ありし日に汝が学びつつ書きにけむ幼き文字を見ればかなしも




歩み来しわが足跡の小さきもいまは歎くまじ病せまるに




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム