あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  島田尺草さん(1)



独り入りし朝の山の静けさに我が口ぶえの澄みて徹るも




みまかりし友の遺稿を写し居る夏の浅夜を雨降り出でぬ




遠方に蛍を呼べる児等の声聞きつつ我は床のべにけり




夜となれば燈火見ゆる街の名も今は憶えて親しくは居る




ストーブの焼けほてりしを囲みつつ師と語り居る今朝は嬉しも




ははそはの質屋通ひもなれたりと言ひませし言未だ忘れず




妹逝きて四十九日のいとなみや白粉の花見つつ悲しも




我病幾年ひめて来しものをあらはに言えば寂しかりけり




電灯に
飛蝗ばったとまりてみじろがぬ寒夜の部屋に独り寝てをり




元日と口には言へど沸き立たぬ我の心を侘びしみにけり





2030年 農業の旅→ranking






このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム