あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

邑久光明園  上丸春生子さん





白バラの群のような雲は

見ているうちに

崩ずれてゆく

煙突の煙は

西から東へ

ゆるやかに流れてゆく

からすが一羽

煙突の煙の反対の方へとんでゆく

蕾のふくらんだ桜に

雀が二三羽止っている

窓は私の詩集である


あかい星がかがやいている

青い星がきらめいている

大きな星の隣に

小さな星がまたたいている

雨の降る穴だろうか

星は皆濡れている様に見える

山の端にあった円い月が

何時の間にか

黄(金)を失って

松の梢にかかっている

窓は私の詩集である










晩秋


島の小高い丘に

およそ千の墓標は

日毎の汐騒をきき

落葉とささやきながら

渡りゆく鳥の群に

自らの心を託していた


ある日

島を訪れた旅人は

こんなことを云った

お前等はしあわせだ

風光明媚な所に立っている

お前等はのん気だ

働かないでもいいから




だが

その旅人は

ほんのちょっぴり

涙を流したほか

代りに立ってもよい

とは言わなかった

墓標は沈黙をつづけていた


墓標は沈みゆく

夕日の果をみつめていたからだ




上丸春生子(上丸たけを)(上丸武夫)さんの略歴
1912年3月17日富山県に生まれる。1940年7月9日、光明園に入所。詩作会会員としてよりも、卯の花俳句会会員としての活動が長い。俳句は戦後に始め、「ホトトギス」「玉藻」などの結社に所属。自治会役員も長期務めた。1983年3月18日死去。


素敵な詩を残されているが、「窓」という詩が特によかった。入所者の選挙で選ばれる自治会役員を長期に務められたようで、信望もあつかったのだろう。俳句は掲載されていなかった。




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム