あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  鈴木楽光さん(7)



唇の結べずなりて結ばずにありのまにまに老いてゆくべし




菌出でずなりぬと言はれほのぼのと身に蘇るあたたかきもの




背をまるめ老いたるわれに従へる短き影を父と想ひぬ




癒ゆることただに信じて疑はぬ少年達の澄めるまなざし




はらからの行処も知らぬ古里を恋ひつつ病みて命老いゆく
(註)はらからとは兄弟姉妹




人も木も亡びほろびて形なく土にかへるを安らひとせり




癩病みてこの身に受けし屈辱の癒さるるなく亡びゆくべし




目を開きまた目を閉ぢてわが思ふ雪に埋れゐむ童野仏




ものうげにあした声啼くからすらよことのたやすく俺は死なぬぞ




開眼手術
もやのなか迷へるごとく長かりし吾が目の癒えてすること多し




面かげの残らぬまでに病み崩えし顔を鏡の中にしさらす




鈴木楽光(菊池寅雄・樫木吹夫・鈴木寅雄)さんの略歴
明治38年静岡県生まれ。大正9年15歳で発病。大正13年10月20歳のとき全生病院に入院。昭和7年頃から食糧部、12年主任。はじめ俳句を作ったが短歌に転じ作歌を始め「むさしの短歌会」の創設に参加。昭和4年ごろ「国民文学」に入会し松村英一に師事。同人。予防法闘争を闘う。昭和35年歌会始に入選。昭和49年視力著しく減退、手術によって視力回復するも昭和54年12月25日逝去。『東雲のまぶた』(昭和5年)『木がくれの実』(昭和28年)『陸の中の島』(1956年)『輪唱』(昭和34年)『三つの門』(昭和45年)『冬の光』(昭和56年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム