あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  鈴木楽光さん(6)



吾がうちに住める餓鬼ども出でて来む壁に映りて若葉が踊る




わが意志の通はずなりしぶらぶらの右手を抱けば胸に冷たし




監房跡の茂る青芝ふみゆけばわれのみ知る暗き過去あり




萎えし手にひたすら吾の工夫して鉛筆が持てし今日の喜び




萎えし手に鎌を結びて少しずつ苗木植えたる畑の草刈る




庭くれてさだかに見えぬ人ひとりおぼろに動くその影を追ふ




胸熱くなる感動もわれになく壁を背にして過ぎぬ一日




医局まで踏みゆく二百八十歩覚えておかむ今朝数え来し




わが生の亡びたる日は獅子ライの菌もろともに焼かれゆくべし




ここに病みて亡びゆくとも悲しまず父よりも母よりも長く生きたり



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム