あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  鈴木楽光さん(4)



癒ゆる日は遂にあらずとも命まもりわれは親しむこの小詩形




少年の日に別れたる弟が子供をつれて今目のまへに




冒されし顔をつつみて故郷を出でて来し日の忘らえなくに




日のひかり及ぶことなき一隅に置き並べたり臓器の標本




外よりのひかり呼ぶがに肥大して瓶に沈める空洞の肺




樫の木の落ち葉掃きつつ思ひ居りわが一生もここに終らむ




山岡君が移り来て住むこの家に数吉ありし日を思ふなり




患者にて運営をなす新しき制度のなかに病養ふ




吾が耳に乱れ入りくるいくつかの声ありわれをののしれる声




石路をつたひて友が帰りゆく杖に結びし鈴が鳴るなり




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム