あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  鈴木楽光さん(2)



葉を閉づる合歓ねむの下陰手をとりて汝と行くとき鳥啼きてたつ




顔に出でし病のことも悲しまず帽子を脱ぎて会ふ君の前




生れたる処も君の名も知らず呼びならされて過ぎしかりの名




われよりも幾つか齢若かりし
伊藤繁も逝きて年経ぬ




帰り来し吾にもの言ふごとく鳴き産み月近き猫が人恋ふ




満州にふたたびいゆく弟の上を思ひて一夜眠らず




恐ろしき夢より覚めし暗がりにぼんぼん時計鳴り出でにけり




楽しげに近所の子等の遊ぶ声かくれて暮らす納屋に聞え来




癩病にわがなりてより久しきに家の
生計たつきのいたく貧しき




眉の毛の日毎うすくなりゆくを吾より母の嘆き給ひし




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム