あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  大村堯さん(3)



「死にたくない」と言ふ告白を君も残し癩病む一生を亡びてゆけり




酒あらくみすさみ行く若さあり吾が過去として今思ふかも




患者道徳といふものがあり死の母にその夜逃亡の友をかばひて




何故生むんだと自虐は母に言ひすてて悔いつつ不運の夜の闇に哭く




癩診断を今は疑ふ余地もなし顔の浮腫の日に日に重く




降り続く霧雨今日も降りやまず鐘哀哀と島は暮れ行く




吾も亦指を落せり癩病いたつき運命と言はば母よ嘆かん



(発病当時)
あらがひて酒に荒さびし明暮も母は涙に許し給ひき



(明石海人)
見舞行きし人の思はぬ衰弱にもの言ひかけてしばし見守る




たへがたき疲れなるらし痰切れし暫しの間も君はまどろむ



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム