あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  沢田五郎さん(1)


夏雲を浮べてここに泉あり友みな飲めよ
ふきの葉にすくいて




癩園にひしゃげる心見る如し崖にしきりに石落す友




熱に痛む眼の眩しかる炎天の葬りの列にわれ加わりぬ




唇も指も痲痺して舌によりわが書きし点字君は読めたり




痲痺の手に我が持たせやるあくだらの枯葉を友は唇にまさぐる




二日つづきの吹雪の凪ぎて暮るる坂らいの童ら
そりに乗りおり




腐乱死体となりたる君のポケットに染みつきて煙草のこしていたり




ともどもに学びし鈴木もしばられて零下二十度の監房に死にき




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム