あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

豆腐とネギの煮物



IMG_8871.jpg
 IMG_8873.jpg IMG_8885_20160927190123eb8.jpg
IMG_8890_2016092719012435b.jpg   

もう出始める頃だと思い、シイタケの原木を見に行ったら、1枚だけ出ていた。

鍋に豆腐を四つ切りして入れ、練り製品も四つ切りして入れ、シイタケはスライスして入れ、醤油、蜂蜜、酒、みりんで味付けし、豆腐から出る水分だけで、極弱火で20分ほど煮て、ざく切りしたネギを入れ7分ほど煮て出来上がり。



焼きナスビ

 IMG_8867.jpg IMG_8869_20160927190224d1f.jpg IMG_8882_201609271901503f5.jpg

定番です。




ピーマンの佃煮風

IMG_8863.jpg IMG_8865.jpg IMG_8878_201609271901497cc.jpg 

定番です。




ネギ卵

IMG_8875.jpg IMG_8877.jpg IMG_8884.jpg 



簡単に見えるかも知れないが、これでも1時間半は要している。

1日のうち90分は「料理時間」にあけている。

たいてい午前10時半~午後2時の時間帯に作っている。

老後のために料理を覚えることは必須。

市販のものは極力買わない(使わない)ようにしている。

野菜の単品料理を中心に3~4品作ると、ワンパターンでもバラエティに富んで見える。

いつもと違ったものを作りたい時は、野菜ごとに、例えば「ゴーヤの料理法」という風に検索している。クックパッドが検索のトップに出て来るので、たいていそれを見る。

「野菜はともだち」や「おいしく食べよう百野菜」等の本も活用するが、それぞれの野菜ごとに、簡単な料理法が載っている。

野菜は自分が作った「旬の野菜」だけで作る。

3月、4月を除き常時15種類ほどある野菜を頭の中で反芻、あるいは軒下に置いてある野菜を見ながら、今日食べたいものを作る。

 


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム