あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

鯛飯



IMG_8719_20160922184018a64.jpg 
IMG_8721_201609221839484e9.jpg IMG_8722_201609221839502c8.jpg
IMG_8741.jpg IMG_8745.jpg

先日、鯛を買って冷凍にしていた。解凍してウロコを取り、魚焼きグリルで裏表8分ほどずつ焼いた。

無水鍋に洗った3合の白米を入れ、水を3カップ弱、酒大さじ1と半、醤油大さじ1と半、ダシの素、塩少々を入れて混ぜ、強火で点火し、鯛を置き、生姜1片をすりおろし、よく煮立ったら極弱火にして30分、火を消して余熱30分(合計1時間)で出来上がり。

土鍋で炊く旨味しっかりなシンプル鯛めし」を参考にした。

水加減が特に大切と思ったが、レシピ通りにしたらちょうどよかった。土鍋もあるが、無水鍋の方がおいしく炊けると思った。

手頃な鯛を見つけたら、また作りたい。





豆腐入りゴーヤチャンプル

IMG_8728.jpg IMG_8731_20160922183917942.jpg IMG_8734_2016092218391931c.jpg
IMG_8736_20160922183920b4c.jpg


10分ほど豆腐に皿をのせて水切りし、小さ目に切った。

熱したフライパンに大さじ1(オリーブ油とゴマ油を半々)の油を入れ、ニンニク1片の粗みじん切り、ベーコン2枚の細切り、ゴーヤ2本(塩もみをして10分ほど置き、水で洗い流し、水気をよくしぼる)の順に炒め、豆腐を入れて強火で2分ほど炒め、弱火にして溶き卵1個を入れ1分炒め、ニンニク醤油で味付けし、強火で1分炒めて出来上がり。

豆腐1丁を入れることで、ボリュームが倍増した。





キュウリの塩もみ


IMG_8726.jpg   
       


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム