FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  浅井あいさん(1)



死ぬ人のありて不自由室のあくまでは夫婦別居し待てというなり




人死にて空きたる部屋に移り来ぬめしいわれら後半生すごすべく




如何にしてもこの一行を読みぬかん灯りを消して点字紙をとる




おのずから友の温みにまどろみぬ座り込みする夜半の天幕に




指先の今日の知覚に頼りつつわれらの作りし「点字高原」




ハンストをなしし人らを友にもつわれに編集は委されぬと言う




あらたまの春に供えんおかがみはわが点字書の上におくべし




目のちからついに絶ゆるとわが夫はめしいのわれを頼りてやまず




この歌集点訳しくだされし人を思う舌にやさしく触るる点文字




帯つよく胸にしめをり盲目を卑下する思い落着きし夜




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ