FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  太田井敏夫さん(4)



ぽこぽこと硝子戸越しに日のさして何かなさねばさびしくなりぬ




これほどによき雨降れどみな海に流して我等水に苦しむ




予防法改正運動
ハンストの人等枕を並べ伏す部屋静かなりカンナ燃ゆるに




針金を曲げて作りしボタン掛けあさはめしひ等のボタン掛けやる




塩分の日毎に増してくる水をかこちあひつつ年迎へむとす




此の春は真水の飲める楽しみに年を迎へてはなやぐ思ひ




九十メーター掘り下げられし井の水の切に待たるる夏の盛りは




借りて来しテストレンズを挿し替へてあの書この書を読みて疲れぬ




静かなる月の山路を登るとき義足はきしむ松虫に似て




この島に初めて走る三輪にめしいあしなへ乗りてはしゃぐ




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ