FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  太田井敏夫さん(3)



手の悪き者ばかりなる部屋にして林檎にさまざまの食べ方があり




すぎゆきのよしなきことのみ思ふ夜にライ病一家の心中を報ず




ロボットを並べしごとく不自由者のかこめる炬燵の火を掻きにけり




もまれつつ波のまにまに漂へる海月はひとり吾の見るもの




研究室の前許されて通るとき動物供養の塔婆が痛し




何一つ罪を犯せし覚えなき指もくされて今断たむとす




さらさらと梨の皮剥ぐ人見れば五本の指の揃ひてありぬ




古里に帰るすべなき吾が前を汽笛あげつつ汽車は走れる




古里の山見るのみに来し吾よ直ぐ引き返す悲しき船旅




曲る指外れて転る大根を吾が食ふだけは摺り下したり




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ