FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  太田井敏夫さん(2)



脇杖を突きてやうやく帰り来ぬ部屋も風なく苦しかりけり




み柩や終の別れを見送ると義足の吾は道におくれつ




眼を病みて吾はさびしく臥り居り布団の上の秋日まぶしく




自転車を持ちて病者の入園すみなめづらしく乗りて遊べる




島山の萩の
こみち
を登りきて露にぬれたる義足を脱ぎぬ




一枚の白紙貰へば歌書かむかかることさへ嬉しかりけり




プロミンはありがたきかも傷いえて吾ものびのび初湯に浸る




曲りたる此の指にても有難し落ちなむとせる玉子を摑む




大木の折れたる音にさも似たる吾が足落ちし音は忘れず




ひたぶるにもの書きをればそっと来し娘は飴玉を口にくれけり




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ